PICK UP !

資料請求スマホ汎用

体験入学

パティスリー・オダ

すべてを学生の手で行う製造販売実習
笑顔と触れあう学内ケーキショップ「パティスリー・オダ」
技術と知識はもちろんのこと、心も大切にしながら作る。それがODA スタイルのお菓子作り。お菓子を通して届ける幸せや、人とつながる喜びを実感してほしいから、学内にケーキショップ「パティスリー・オダ」を設けています。
ここでは、開設した2001年以来週に一度、コンフェクション2 年制コースの2 年次の学生が、一般のお客さまに向けてケーキの販売を実施。学びながらホスピタリティを身につけています。
開設以来14年目となる店舗運営の中で蓄積された実習指導のノウハウで、学生達の実践力を確実に向上させます。
パティスリー・オダ

製造販売実習の1日

製造販売実習は次の5 ステップ。1.メニュー決定 2.仕込み・製造 3.仕上げ 4.販売・接客 5.売上計算、すべて学生が行います。
自分のお菓子が「商品」となり、お客様の前に並ぶ。プロ意識が芽生える瞬間です。

メニュー決定

お客様のニーズや季節感を考えながら、販売する商品を決めていきます。

製造開始

クラス全員で協力し、商品となるケーキを製造していきます。おいしさはもちろんのこと、衛生面にも細心の注意を払って作業を進めます。常に安全な食品を提供することもプロの必須条件です。
仕込み・製造

仕上げ

販売開始時間が近づくにつれ、実習室も店内も出来たての洋菓子の甘い香りで満たされていきます。見た目の美しさも、おいしさをつくる大切な要素の一つ。最後の仕上げにみんな真剣です。
仕上げ

販売・接客

順番にお客さまのオーダーをお聞きし、ラッピングやレジ対応にもあたります。商品を間違えないよう、お待たせすることがないよう、商品説明がきちんとできるよう、さまざまな心配りをします。
接客応対

売上計算

お店の営業が終わったら売上金を計算し、集計表に記入します。
間違いなく記入されているかをスミズミまでチェック。ここまでが仕事です。
売上計算