在校生VOICE

毎日実習がある織田学園なら
確かな実力が身につくはず


コンフェクション2年制コース 吉田 真子
[ 千葉県立 松尾高等学校 ]


織田製菓専門学校に入学を決めた一番の決め手は「毎日実習がある」ことでした。何校か見学や体験入学に行ってみたのですが、実習が毎日ある織田が一番印象に残りました。高校ではなかなか本格的に作るチャンスが無かったので、基礎から、しかも毎日練習できれば上手くなるだろうと思ったのです。
また、実習の際には実習台1台につき3人という少人数制なので、自分で積極的に作業をしなければケーキが完成しません。そんな実習を通じてきっと知らず知らずのうちに実力が付くと思いました。その他では、海外研修旅行に行けることも魅力的でした。
コンフェクション2年制コース 吉田 真子 [ 千葉県立 松尾高等学校 ]
吉田真子さんの1日を紹介
10:30  登校
私は学園の女子寮で生活しています。学校までは2分という近さなので毎朝余裕を持って登校できます。この日は2時限目からの授業なのでゆっくりの朝ですが、普段は8:45頃に寮を出ています。いくら近いとはいえ、忘れ物をしないように、部屋を出る前に必ずチェックしています。
登校
10:40  2時限目
就職セミナーの授業です。就職活動は来年ですが、今のうちから心構えや活動方法を学んでいます。就職先等についてはこれからしっかり考えて決めたいと思います。この日の一般常識の小テストは意外と難しかったです。
2時限目
12:10  昼休み
昼休みは1時までの50分間。午後の実習に備えて早めに着替えて友達とランチです。普段は自分でお弁当を作ってくることが多いです。友達との話題はやっぱりお菓子のこと。「午後の実習何を作るのかな?」「あのケーキ屋さんに行ってみたよ」等々、時間が足りません。
昼休み
13:00  3・4時限目
実習は2時限通しで行います。この日の実習は「カルディナル シュニッテン」を作りました。講師の先生のデモンストレーションをしっかり見てからグループに分かれて実習です。実習台1台につき3名の少人数班なので、一人ひとりがしっかり作業しないと進みません。皆で協力してケーキを仕上げていきます。
先生のデモのようにはなかなか上手くいきませんが、指導をいただきながら頑張って作ります。完成したケーキはその場で試食します。毎回楽しみにしているひと時です。おいしく出来ました!
3・4時限目
16:30  放課後
皆で分担して後片付けを済ませ、着替えが済んだら帰宅です。学校では登校時と下校時に必ず職員室に挨拶をするルールになっています。これは社会では挨拶がとても大切なので、学生のうちから自然に挨拶ができるように練習しておくためだそうです。入学当初は少し恥ずかしかったけど、今ではすっかり慣れました。先生からも声をかけていただいたりします。
放課後
16:35  下校
帰りもすぐ近くの寮なのでラクラクです。校舎前のベンチで友達とおしゃべりしてから帰ることも多いですね。
明日も頑張ります!
下校