校長メッセージ

藤原 庸子 校長
製菓一本にしぼって じっくり学べる環境で

子どもの頃に漠然と思い描いていた将来の夢が、専門学校に入学して、一歩現実へと近づいていく・・・。それは、日々の実習を通して具体的な目標ができるからです。また、同じ夢を描いて入学した仲間と切磋琢磨する中から、将来の姿をイメージできる様になるからです。

専門学校に入学する目的は、自分の就きたい職業に関する知識や技術の習得であり、その最終目標は「就職」です。
技術は、「一通り覚える」だけでなく、「くり返し学ぶ」こと、「頭ではなく体で覚える」ことにより、職場で力が発揮できる様になるのです。

今、本気でパティシエを目指すなら、資格にこだわらず、製菓一本にしぼって、お菓子をじっくり学べる環境に身を置くことが大切です。

本校では、実力派の講師(現役パティシエ)と、最新の設備、環境を整えて皆さんをお待ちしております。
また、実習で身につける技術は、個人レベルで磨いていきますが、実際の職場ではチームワークが何よりも大切です。

社会人として信頼され、愛される人になる様、学校生活の中で「織田のポリシー(低賞感微)」を、一人ひとりの心にしっかり根づかせて、豊かな人間性を兼ね備えた人材を育てていきたいと考えています。