大学生・社会人の方へ

夢を実現したい!
その気持ちを応援します。
本校では大学卒業者や社会人経験者の方も学んでいます。現場で役立つ実践的カリキュラムと、万全の支援体制で入学から就職までしっかりサポートします。在学中は、お互いの経験や考え方を知ることで、今までにはない刺激をたくさん受けるはずです。年齢は違っても、夢を追う気持ちは同じ。仲間たちとともに一緒にスタートしましょう!

大学生・社会人のための支援制度「キャリア入試制度」

一般・社会人・大学生・短大生の方が入学を希望される場合、規定の提出書類及び面接・試験等により総合的に判断し、キャリア資格が認められた方について、入学に関する特典を与える制度です。
→ 詳しくは「キャリア入試制度」をご覧ください
キャリア入制度

再進学者データ

在校生の比率
再進学者の経歴

主な出身大学・短大

大学
東洋大学

再進学者の声

憧れのパン職人になりたい!
大学を卒業後でも、夢はきっと実現できるはず。


コンフェクション&ベーキングコース 花澤 健一
東京都立竹台高等学校卒 → 東洋大卒 → 本校入学


幼い頃からパンが好きでした。なのでパンを作る仕事に対する憧れはずっとありました。でも、周囲の大学志向からか、「作る仕事は自分には向いてない」と決め付けてしまい。大学に進みました。大学に入って勉強するにつれ、自分の考えとのギャップを感じるようになりました。「本当にこれでいいのか」「何か後ろ向きな感じがする」などと悩んでいた時、子どもの頃の憧れを思い出したのです。「パン職人になろう」と思いました。そして、思い切って卒業後に専門学校で学びなおすことを決めました。
織田製菓にした理由は雰囲気が自分に合っていると感じたこと。また、パンの他に製菓実習もあり、しかも実習は毎日あるので、初めての私でも充分実力がつくと思ったからです。大学を卒業した後で学校に入っても遅すぎることはないと思っています。是非、自分の夢の実現を目指してください。
花澤 健一

本格的な勉強をするために留学を決意。
将来は帰国してケーキ屋を開きたいです。


コンフェクション1年制コース 郭 美辰
輔仁大学卒 → 幼稚園教諭 → パン店(製造) → 本校入学


私は大学を卒業した後、幼稚園の先生をしていました。子どもは可愛くて楽しかったのですが、そのご両親との対応が大変でした。そんな精神的に辛い時にお菓子に出会いました。食べるとホっとするし落ち着く....。やがて「パティシエになりたい」と思うようになりました。でも、私の暮らす台湾ではまだスイーツが発展しておらず、本格的な勉強をするために留学を決意しました。
織田製菓専門学校に決めたのは、卒業生に知り合いがいて、その人が薦めてくれたからです。挨拶やお辞儀などといったマナーに慣れるまでは少し戸惑いましたが、授業は現役のパティシエの先生に教えていただけるので楽しいです。将来は台湾に戻って自分のケーキ屋を開きたいです。
郭 美辰