パティスリー・オダ

大量生産したお菓子を一般のお客様向けに販売

接客から売上計算まで、実際の店舗経営を経験できるのが製造販売実習です。コンフェクション2年制コースの2年次に、実習棟1階に設けられた「パティスリー・オダ」にて1年間継続して実施。
自分で作ったケーキが商品になる喜びと責任がプロ意識を育てます。

当日の流れ

01 点検

マスクとネット帽をつけ、身支度をしたら点検を受けます。実習着の清潔感、爪の長さもチェック。

02 仕込み

前日の準備実習と当日朝8時からの実習で、生菓子・焼菓子600~700個を分担しながら仕込みます。

03 製造

開店時間を意識して作業。生地作り、焼成、仕上げなど、工程の多い生菓子は仲間との連携が大切。

04 仕上げ

生菓子は、見た目の美しさもとても重要です。時間に間に合うようスピードをもって、かつ丁寧に。

05 販売

11時開店。「いらっしゃいませ」の挨拶から接客が始まり、徐々に笑顔と会話が増えていきます。
週1回の販売を通じて、実践能力を確実に向上させていきます。

06 売上計算

その日の売り上げを計算・集計。売れた商品から来客数まで、数字で実態を把握することも勉強です。

TOP